ピックアップ・コラム

トップページ > ピックアップ・コラム

「デスノート Light up the NEW world」

「デスノート Light up the NEW wold」
2016年10月29日(土)公開



原作:大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:佐藤信介  脚本:真野勝成  音楽:やまだ豊  企画・プロデュース:佐藤貴博
出演:東出昌大 池松壮亮 菅田将暉 中村獅童 戸田恵梨香 船越英一郎 ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

<ストーリー>
犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした“キラ”こと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵“L”。天才VS天才の対決kら10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、“キラ”によるメッセージが発信された―。
「デスノートを手に入れろ―」
死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎が加わり、無差別殺人の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラ信奉者・紫苑の姿が―。今、それぞれの譲れない“正義”を賭けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まる―!

≪ 『DEATH NOTE (デスノート)』とは ≫
原作・大場つぐみ、作画・小畑健による少年漫画で、2003年12月~2006年5月まで「週刊少年ジャンプ」にて連載された作品。
名前を書かれた人間は死んでしまうという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月(やがみ らいと)と、世界一の名探偵・L(える)たちによる頭脳戦を描いたこの作品は、熱血物やバトル物の多い週刊少年ジャンプの中でも特に異彩を放ち、その緻密で巧妙なトリックや心理戦などがその繊細な作画とあいまって話題を集めた。そして、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を見せ、いまや社会現象と言える程の人気作品となっている。


≪ 『デスノート』これまでの劇場作品 ≫
「デスノート」(前編) 2006年6月 ・・・ デスノートを持つ夜神月=キラと、警察を使いキラを追う世界的名探偵Lの天才同士の戦いを描く。
「デスノート the Last name」(後編) 2006年11月 ・・・ キラ対策本部への参入を成功した月と、Lの壮絶な頭脳戦の最終決戦とその結末を描く。
「L change the World」 2008年2月 ・・・ Lを主人公として描いたスピンオフ作品。月との対決後の残された短い時間で世界的なバイオテロと対決するLの活躍を描く。


『デスノート Light up the NEW world』 主要人物


三島創(東出昌大) 【デスノート対策本部捜査官】
  10年前のキラ事件を徹底的に調べ上げ研究ノートを作り、デスノートのことを知り尽くしている。6冊のノートを集めて封印すると誓う。

竜崎(池松壮亮) 【Lの後継者・世界的名探偵】
  Lが生前残した遺伝子から生まれた後継者。Lとの誓いを胸に、デスノート対策本部に合流。事件を解決し、Lを超えようとしている。

紫苑優輝(菅田将暉) 【キラ信奉者・サイバーテロリスト】
  家族を惨殺した犯人がキラに裁かれた時から、キラを“神”と崇めている。6冊のノートを手に入れて、キラの復活を願う。


弥海砂(戸田恵梨香) 【元・デスノート所有者/女優】
  アイドル時代にデスノートを手にし、崇拝するキラを助けた。その後、ノートの所有権を放棄し記憶を失ったが、今なお警察の監視下に置かれている。現在は女優として活躍。


作品公式HP ⇒ http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/index2.html

チケットご購入の確認



感動は7つのスクリーンから
 

上映時間案内
↑11/11(土)~11/17(金)分↑


Information|お知らせ



ページトップへ