ピックアップ・コラム

トップページ > ピックアップ・コラム

2013年映画年間興行収入トップ10(国内)

2013年の日本国内で公開された映画年間総合興行収入ランキングが発表された。

トップ10は次のとおり。

1.116.1億円 風立ちぬ
2. 89.5億円 モンスターズ・ユニバーシティ
3. 41.5億円 テッド
4. 39.5億円 ドラえもん のび太のひみつ道具博物館
5. 35.7億円 名探偵コナン 絶海の探偵
6. 31.9億円 謎解きはディナーのあとで
7. 31.0億円 真夏の方程式
8. 30.6億円 ポケットモンスターベストウイッシュ 神速のゲノセクトミュウツー覚醒
9. 30.4億円 ドラゴンボールZ 神と神
10. 29.3億円 シュガー・ラッシュ

10作品のうち、なんと7作品がアニメーション(CGを含む)という結果になった。

トップは116億1千万円と断トツで「風立ちぬ」。

「モンスターズ・ユニバーシティ」も2位という結果ではあるが、3位「テッド」の倍以上である89億5千万円とかなり高い数字を出している。あくまでメインは本国アメリカである事を考えると、日本でのこの数字がプラスされた世界的な興行で見ると、とんでもない興行収入になった事は間違いない。

この中で実写で洋画作品は3位の「テッド」のみ。予想を含む前評判からは想像できなかった大健闘。クマのぬいぐるみが人と同じように喋り、しかもその口から出る言葉は非常に下品で過激。結果R15+指定が付いてしまったという、とんでもないコメディ作品である。

トップ10作品はそのほとんどがヒットを約束されたものが多い中で、「テッド」だけあきらかに異彩を放っている。そういった理由からもこの「テッド」が、2013年公開作品の中で一番印象強く、これからも多くの人の心に残っていく作品ではないかと思う。

2013年の総合興行収入は以上の結果になったが、これはあくまで数字の上での話であり、それぞれの一番心に残っている作品はというと、それこそ人の数程ある。

あなたの2013年映画は何ですか?

チケットご購入の確認



感動は7つのスクリーンから
 

上映時間案内
↑11/11(土)~11/17(金)分↑


Information|お知らせ



ページトップへ